シラグラはバイアグラと同じ有効成分

シラグラはインドにあるシプラ社が開発した勃起不全治療薬です。
開発したといっても医薬品の成分でもあるシルデナフィルクエン酸塩を発見したわけではありません。
これはアメリカのファイザー社が発見したバイアグラに含まれている有効成分と同じあり、ジェネリック医薬品です。
ただインドでの特許の仕組みは国際的に大きな違いがあります。
日本やアメリカなどには成分そのものに特許がかかりますが、インドでは成分には特許がかからずに製造方法のみに特許が認められています。
つまり、シプラ社が開発したのはファイザー社とは違うシルデナフィルクエン酸塩の製造方法というわけです。

製造方法が違いますが含まれている有効成分がシルデナフィルクエン酸塩であることは変わりはありません。
そのため、バイアグラとほぼ同じ効果を得ることが知られています。
その効果とは男性器のなかにある海綿体に血液を促すことにあります。
勃起とは男性器に血液が流し込まれて膨張することを指しているのです。

ただし、シルデナフィルクエン酸塩を服用したからと言って無条件に勃起するというわけではありません。
あくまで性的な刺激を受けることによって効果を及ぼします。
また効果が出るまでには服用して数十分から1時間くらいかかるため、そこは計算して利用する必要があります。
もちろん、効果が同じということは同様に副作用があることも忘れてはいけません。

併用してはいけない医薬品や服用してはいけない人もいるのでそこは注意が必要となってきます。
このようにシラグラとバイアグラは同じ有効成分であるため同じ効果である一方で、シラグラにはバイアグラと大きな違いが一つあります。
それは値段の安さです。
バイアグラは1錠1300円から1500円くらいが相場となっている一方、150円から300円程度で購入することができるのです。
その値段の違いは一つは人件費の安いインドで生産することで製造コストを大幅に減らすことがあります。
しかし、一番の理由はやはり開発コストを大幅に減らしたことでそれを値段に転嫁する必要がないのが値段に大きく反映しているとされています。
値段が安かったため、今まで値段を理由にバイアグラの服用を性行為に対して数回に1回に抑えていたり、性行為そのものを控えていた人にとっては大きな朗報だとも言えます。
バイアグラもシラグラも一日一錠しか服用することができませんが、仮に毎日服用したとするとバイアグラでは最低でも39000円であるのに対して4500円なのです。
この差はかなり大きいと言えるでしょう。
もちろん、2つの医薬品を比較しても持続時間や効果の強さにはほとんど違いが見られません。
そのため、価格の関係からバイアグラから切り替える人は決して少なくありません。
もしも今までバイアグラを利用していて値段について不満を感じていたのならば、シラグラに切り替えてみることを検討してみるといいでしょう。

バイアグラのジェネリック医薬品であるシラグラで、厄介な心因性EDを克服

日本人は世界でもセックスの回数が断然少ない人種だと言われていますが、このセックスが少ない理由の中には、日本人は生真面目であるから、というものもあるようです。
生真面目故に傷付きやすいということもあります。
ですから、たとえば心因性EDと言われるものがありますが、これはよく耳にするEDの中でも特に精神的な理由からくる症状です。
勃起しづらい原因が精神的な要素にあるわけですから、なかなか厄介な症状ではあります。
心因性EDの特徴としてあげられることは、何の前触れもなく突然起こるということがあります。
これはかなり危ないです。
予めなりそうな予感があれば、早めに何かしらの手が打てるのですが、突然こられては対処できません。
そして心因性のEDは、大体決まった状況で起こることが多いのです。
たとえば、自分の妻あるいは彼女とのセックス最中、挿入しようとしたときですとか、挿入はできても中折れしてしまうですとか、この辺は普通のED症状と同じですが、心因性EDの場合は、男性が育ってきた中で、性の発育段階に大きな問題がある場合が考えられるのです。
これを克服するためには、もちろんパートナーによく理解してもらうことが大切です。
一人でウジウジと悩んでいても何の解決にもなりませんから。
それから、パートナーに恥ずかしくて言えないということもあるかもしれませんが、相手は何でそうなるのか、という疑問をきっと持っているでしょうから、ここは相談しないといけません。
隠し通せるものではないです。
その上で、二人で何かしらの対策をしていく必要があります。
今はよくテレビコマーシャルでもこのEDの問題を訴えていますから、決して恥ずかしいことではないです。
このED無治療を考えた場合、専門医に相談しに行くことは大切なことだと思います。
しかし、こうした心因性の病気というものは、本当に長い期間をかけて、医師のカウンセリングを受けて行かないといけません。
そのための治療費はかなりのものなのです。
ですから、世界的にも有名なバイアグラをはじめとしたED治療薬を使うことが人気なのです。
特にバイアグラは発売以来、驚異的な人気を誇っていますから、その期待できる効果も素晴らしいのです。
バイアグラ、シアリス、レビトラはED三大治療薬と言われています。
これらは効果もあり、信頼性の高い薬ですが、お値段が高いこともまた事実です。
そのため、なかなかな購入することが難しく、これらのジェネリックを使う人も増えてきました。
バイアグラのジェネリック医薬品にシラグラというものがあります。
こうしたジェネリック医薬品の大きな特徴は、ブランド製品と同様に効くということと、もっとも安全であるということ、そして何と言ってもお値段が安いということなのです。
バイアグラを飲めば、EDを克服できる可能性がとても高いことは、既に多くの男性たちが実証済みです。
でも、このバイアグラのジェネリック医薬品であるシラグラでも、当然ですが期待できる効果なバイアグラと同じです。
特に懐具合が寂しいとされている最近の若者にとっては、本当に嬉しいものなのではないでしょうか。

一般的なシラグラの入手方法とは

日本ではバイアグラ、シアリス、レビトラの3つが認可されたED治療薬としてクリニックで処方されます。
これらは安全性が確かめられており、安心して使うことができる正規品です。
世界の医薬品は個人輸入によって簡単に個人が購入できるようになりましたが、まがいものやニセモノをつかむことが多いので、より安心できるクリニックでの処方が各サイトで勧められています。
ただ、クリニックでのED治療薬処方は値段がとても高いので、一度や二度ならまだしも、何十回と受けることは不可能です。
そこで、間をとって「信頼できる個人輸入代行業者さんから確実に安いジェネリック薬の正規品を買う」方法が模索されています。
個人輸入の形でないと、インドの安くて効果があるED治療薬は手に入りません。
バイアグラのジェネリック薬シラグラなどは、インド製のコピー版バイアグラとして世界的にも有名です。
これを手に入れる一般的な方法とは、個人輸入代行業者さんのサイトでの注文があります。
かつてバイアグラとそのジェネリック薬は、にせものが横行した時代がありました。
人気のある商品はえてして悪質業者も目をつけるので、これはいたしかたない部分があります。
要は、お客である私たちがいかにニセモノをつかまないかが大事であり、誠実な業者さんを探し、吟味してから利用するのが重要です。
シラグラもニセモノが作られやすく、ネットで相場よりかなり安く設定されているものは疑っていいでしょう。
相場を知るのはさほど難しいことではなく、今は関連情報がネットで簡単に手に入ります。
ED治療薬はバイアグラやシアリスなどが一錠1000円から2000円で売られているのに対し、そのジェネリック薬は一錠100円から300円くらいの幅で売られているので、それより安い場合は注意したほうがいいでしょう。
また、新しい業者はあまり実績がないので、避けるべきです。
ED治療薬を買いなれている会社の同僚がいますが、彼は最初の頃、バイアグラのにせものを何度かネット上で見かけ、自分でもつかまされたので、サイト上で見ただけで本物と区別がつくようになりました。
彼の場合は経験則ですが、今は値段や業者さんの実績で見比べることができます。
口コミ情報サイトでの評価も重要であり、これに目を通しておけば、まず失敗することはないでしょう。
薬そのものの性質からいって、シラグラはかなり優秀な薬です。
なにせ、バイアグラの主成分シルデナフィルを使って作られているので、効能、副作用などすべてがバイアグラに準じます。
違うのは価格と製法、製薬会社だけで、ほとんど同じと言っていい完成度の高さを誇っているのです。
インドの製薬事情は複雑で、特許システムも特殊なため、ジェネリック薬の価格は総じて安くなります。
この仕組みを知っていれば、インドのジェネリック薬が安いから質が悪いなどと間違った解釈をすることもないでしょう。
いまやシラグラは私たちにとって身近で安全なED治療薬なのです。